精油の奇跡

アロマ(精油)のことをちょっと書いてみようと思います。
数年前から、アロマを生活に取り入れています。
最初、友人に教えてもらった時は、アクセスバーズをするときにアロマを焚いたりしないから、私にはいらないかなと思ったのですが、
お薬がわり、掃除をするときの洗剤がわりとか化粧品を作ったり、
ディフーズして香りを楽しむだけのものではない事をアロマ講座で教えてもらいました。
日本では雑貨扱いのアロマですが、海外では代替補完医療としても使われています。
今では、私にとってはお薬がわりだったり、生活に欠かせない存在になりました。

先日、アロマの面白い本を見つけました。

「精油の奇跡と恵の秘密」

理屈があると、感覚で捉えていた事柄が、もっと実感として腑に落ちる私には、すごく良い本との出会いだったので、シエアしてみようと思いました。

それによると
・・・細菌やさらに小さいウイルスは、キズがない限り私たちの皮膚から入っていくことはできません。それは侵入を防ぐ皮膚構造があるからです。そうでなければ、人間は簡単に滅んでしまいます。また、抗生物質は細胞膜を通過することができません。しかし精油の分子は細胞膜を通過して、ウィルスやバクテリアを死滅させることができます・・・・
そして
・・・・地球上の物質は振動を発している。生命の母である自然は、健康回復を促す振動を持っている・・・
と精油と身体の周波数について海外の大学の研究結果などから詳細に書かれています。

精油が細胞膜を通過して、各臓器にあった振動の干渉が起きたときに、癒しの効果が現れること。
地球で生きていく上で、その源となる自然が与えてくれる恵が沢山詰まった精油が与えてくれること。
改めてその素晴らしさを感じました。

目に見える世界と見えない世界。

99.9999‥%の目に見えない世界で起こっていることの方が、目に見える0.00000・・・1パーセントの世界より面白い。

「精油の奇跡と恵の秘密」津田政廣 TERRA tools

そして、前提となるのは、自然から作られた純度の高い精油。
私はドテラのアロマオイルを信頼しています。

https://www.mydoterra.com/hatsumiyokota/#/

 

 

前の記事

2020年8月

次の記事

2020年9月